ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

アジア株

アジア株週間トピックス 2024年2月5日号

2024.02.05 (月)

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

アジア株週間トピックス 2024年2月5日号

ベトナム経済は本格回復か?

ベトナムの1月の経済指標が良好

2024年1月29日に、ベトナムは2024年1月の経済指標を発表しました。鉱工業生産:前年同期比(同):+18.3%、CPI(消費者物価指数):同+3.37%でした。特に鉱工業生産は2021年4月以来、約2年9か月ぶりの高水準で、かつCPIは5か月ぶりの低水準となりました。2020年の春先にコロナウイルス患者が急増、ベトナムを含めて世界的に景気が最悪期を迎えたため、2021年4月の高水準の鉱工業生産は2020年4月との比較による反動高の要素が大きかったと思われます。

コロナ禍が落ち着いている現在は、前年比較数字もほぼ平常時に戻っており、今回の+18.3%は評価に値するとみています。鉱工業生産が高水準で、かつ低インフレ状態にある今のベトナム経済は、おおむね良好といえるでしょう。

また、1月26日にはベトナム・ダナン市人民委員会が、ベトナム中部のダナン市で半導体やAI の研究開発・訓練センター設立の式典を行いました。式典に参加したグエン・フイ・ズン情報通信省次官は「今後米国大手企業(クアルコムやインテルなど)との協力覚書に基づいて半導体分野の人材育成を進める。2025年をめどにこれらセンターの本格稼働を目指す」と説明しました。

ベトナムの半導体産業市場は拡大しているものの、現時点では外資系大手企業主導となっており、ベトナム現地企業、人材の育成を進めています。センター設立を機に、今後ハイテク・高付加価値産業育成を目指すベトナムの動きが加速しそうです。

ベトナムのIT関連企業(未上場企業を含む)

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

明松 真一郎

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

1990年平岡証券(現アイザワ証券)に入社。加古川支店でのリテール営業を務めた後、ディーリング部、営業本部、生駒支店でのバックアップ部門などを経験。2005年に証券アナリスト資格取得したことを機に、市場情報部(当時投資リサーチセンター)に異動。アセアン株を中心としたアジア株の調査、分析を行なっている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

アジア株 アジア株式市場の見通し 2023年3月

アジア株式市場の見通し 2023年3月

2023.03.01 (水)

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年1月27日号

アジア株週間トピックス 2023年1月27日号

2023.01.27 (金)

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年1月13日号

アジア株週間トピックス 2023年1月13日号

2023.01.13 (金)

アジア株 アイザワ ほっと マーケットアジア Asia Market Strategy 2021年11月

アイザワ ほっと マーケットアジア Asia Market Strategy 2021年11月

2021.11.29 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント