ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

アジア株

アジア株週間トピックス 2024年1月29日号

2024.01.29 (月)

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

アジア株週間トピックス 2024年1月29日号

インドの株式市場時価総額は世界第4位の規模に

インド株式市場の時価総額が初めて香港を上回る

2024年1月22日のインドの株式市場時価総額が香港市場を初めて上回って世界第4位になった、と1月23日のブルームバーグで報じられています。

報道によると、1月22日時点で、インドは4兆3,300億米ドル、香港は4兆2,900億米ドルと、わずかながらインドが香港を上回りました。米ドルでの比較なので、為替の影響があるとはいえ、インド市場が拡大している証しといえます。現時点では、原則としてインドの個別株を自由に売買することはできませんが、いくつかの銘柄はADR(米国預託証券)とETFであれば売買できます。

現在、アイザワ証券で売買可能なインド個別株(ADRとETF)は以下の通りです。

アイザワ証券で売買可能なインドのADR銘柄とETF

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

明松 真一郎

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

1990年平岡証券(現アイザワ証券)に入社。加古川支店でのリテール営業を務めた後、ディーリング部、営業本部、生駒支店でのバックアップ部門などを経験。2005年に証券アナリスト資格取得したことを機に、市場情報部(当時投資リサーチセンター)に異動。アセアン株を中心としたアジア株の調査、分析を行なっている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年11月20日号

アジア株週間トピックス 2023年11月20日号

2023.11.20 (月)

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年1月6日号

アジア株週間トピックス 2023年1月6日号

2023.01.06 (金)

アジア株 アジア株式市場の見通し 2022年7月

アジア株式市場の見通し 2022年7月

2022.07.01 (金)

アジア株 Asia Monthly 2021年10月号

Asia Monthly 2021年10月号

2021.10.18 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント