ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

アジア株

アジア株週間トピックス 2024年1月15日号

2024.01.15 (月)

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

アジア株週間トピックス 2024年1月15日号

台湾総統選挙は?

台湾総統選挙は民進党・頼清徳氏が勝利

2024年1月13日、台湾で総統選挙が実施されました。選挙結果は、民進党の頼清徳氏が当選となりました。しかし、同時に実施された立法院の議会選挙では、民進党が第2党に転落することとなったため、今後の政権運営において民進党の意向が通らない可能性があります。選挙直前の9日には、中国が発射した衛星が台湾南部上空を通過するなど、中国はあからさまに台湾を威嚇する行動をとっていました。今後、国内では政党のねじれ、国外では中国からの脅威と、頼政権は国内外で難しい政策運営を迫られそうです。

参考(PICTE投信セミナー)

1月12日に、PICTE投信が実施した「日本株式市場の見通しと注目点」と称したセミナーを聞く機会がありました。アジア株とは直接関係ありませんが、日本株に対する関心度は高いので紹介します。

講師はストラテジストの糸島孝俊氏で、おおむね強気な内容でした。話の中で主な注目ポイントは以下の通りです。

  1. 日本株相場の中では、日経平均のほうがTOPIXより値上がりしている印象だが、今後はバリュー相場でTOPIXの大型株の方がアウトパフォームする可能性が高いと思われる(外国人投資家からみたら、時価総額の小ささやIR面の不備など中小型株は投資しづらいとみているため)。
  2. 直近の日本株高の主な要因は3つで、①NISAまつり、②東証の改革(PBRやROEなど具体的な指標を高めるよう企業に促した)、③SQで売り方の踏み上げの動きが強まっている。
  3. 海外投資家からみたドルベースの日本株の水準はまだ割安。毎週木曜日に発表され投資家別売買動向に注目したい。
  • 当面の為替をみる上でも、日銀の金融政策でゼロ金利解除に踏み切るかどうかが大きな焦点で、1月22、23日の決定会合は1月震災の影響に配慮して見送り、4月25、26日の会合あたりで変更する可能性があると思われる。
  • 米国の利下げは、3月(19、20日)、6月(11、12日)のFOMCくらいでは?
  • 為替レンジ予想は、円高が進むとしても135円くらいでとどまるのでは?
  • 1月15日に東証がPBR等の改善計画について、一覧表を開示する(時間は未定)。日本証券取引所のWEBサイトにエクセルファイルで掲載される。そこに開示された企業の株が買われる(売られる)可能性があるので、要注目(時間は未定)。

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

明松 真一郎

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

1990年平岡証券(現アイザワ証券)に入社。加古川支店でのリテール営業を務めた後、ディーリング部、営業本部、生駒支店でのバックアップ部門などを経験。2005年に証券アナリスト資格取得したことを機に、市場情報部(当時投資リサーチセンター)に異動。アセアン株を中心としたアジア株の調査、分析を行なっている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年11月27日号

アジア株週間トピックス 2023年11月27日号

2023.11.27 (月)

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年6月19日号

アジア株週間トピックス 2023年6月19日号

2023.06.19 (月)

アジア株 アジア株週間トピックス 2023年1月27日号

アジア株週間トピックス 2023年1月27日号

2023.01.27 (金)

アジア株 アジア株式市場の見通し 2022年1月

アジア株式市場の見通し 2022年1月

2021.12.30 (木)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント