ゼロから学べるアイザワ投資大学

記事検索

豆知識

ザ 語源 第15回 かきいれどき

2022.12.07 (水)

ザ 語源 第15回 かきいれどき

かきいれどき

米国では毎年11月第4木曜日、感謝祭の翌日の金曜日から1225日のクリスマスまで1か月間に渡り年末セールが実施されます。

セール初日は「ブラックフライデー」といいます。「ブラック」というと「ブラックサーズデー(暗黒の木曜日、1929年)」や「ブラックマンデー(暗黒の月曜日、1987年)」が世界的・歴史的な株価大暴落だったことから、なにか不吉なことを思い浮かべてしまいます。

この日は年間で最も小売店が繁盛する期間の初日なので売り上げや利益が大きく期待できることから、すべての小売店が「黒字」になるという意味で「ブラックフライデー」と呼ばれるようになったのですが、元々の由来はやはり「暗黒」でした。

「ブラックフライデー」を最初に名付けたのは米国フィラデルフィア州の警察官でした。年末セール初日、フィラデルフィアの繁華街は大勢の買い物客でごった返します。警官は街の交通整理で長時間勤務を強いられることになり、この日を「暗黒の金曜日」と呼ぶようになったのが始まりであったようです。

ところが米国の小売業界としては、一年を通じて最も売り上げや利益が期待できる特別な日が「暗黒」では縁起が悪いということで、この日を「黒字の」という意味に変更したのです。このような経緯で「暗黒の金曜日」が「黒字の金曜日」に転じたわけです

さて日本では年末など商売が盛り上がる時期を「かきいれどき」と呼びます。「かきいれどき」は漢字で「書き入れ時」と書きます。商人が帳簿(大福帳)に売上や利益を多く「書き入れる時」が年末などの繁忙期だったことが語源です。

「書き入れ時」はしばしば「掻き入れ時」と間違えて表記されることがあります。年末の縁起物とされる熊手(くまで)で「福を搔き集める」ことなどを連想してしまうことが誤表記の原因と考えられています。

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

飯田 裕康

投資顧問部

飯田 裕康

1991年アイザワ証券入社。2002年まで支店のリテール営業を務め、2003年からは支店長として関西方面中心に4つの新店舗を開設。2012年の投資リサーチセンター(現市場情報部)センター長、2018年のインターネット取引部門長等を経て、2021年より現在の投資顧問本部長にいたる。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

豆知識 ザ 語源 第7回 不動産の面積「坪」とは?

ザ 語源 第7回 不動産の面積「坪」とは?

2022.04.01 (金)

豆知識 相場格言シリーズ 通い相場には手を出すな

相場格言シリーズ 通い相場には手を出すな

2022.02.14 (月)

豆知識 ザ 語源 第1回 「投資」と「インベストメントinvestment」

ザ 語源 第1回 「投資」と「インベストメントinvestment」

2021.10.04 (月)

豆知識 相場格言シリーズ 二度に買うべし、二度に売るべし

相場格言シリーズ 二度に買うべし、二度に売るべし

2021.01.12 (火)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント