ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム

ベトナム最新情報 コロナ禍で節約志向が高まる

2022.01.03 (月)

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナム最新情報 コロナ禍で節約志向が高まる

コロナ禍で節約志向が高まる

市場調査・データ分析会社のYouGovによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)禍でベトナム人の個人消費が変化しているという。

2021年の所得について、「前年に比べ減少した」と答えた世帯は約50%に上る。所得の減少率については、「1~2割減」が約25%、「2割以上減」が約20%となっている。

そのような状況下で、「節約を心がけ、生活必需品以外の消費を抑えている」と答えた人は28%に上る。これは香港やシンガポールよりも高い割合で、アジア地域の中でトップクラスに入る。

COVID-19禍で、多くの人々が長期的な家計の見直しについて検討している。「直近の6カ月間で生活必需品以外の支出を抑えた」と答えた人は約53%、「生活必需品以外の支出を今後も抑える」と答えた人は約80%に上った。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT
https://vetterbusiness.com/

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム インドネシア最新情報 プラジョゴ氏 トップに

インドネシア最新情報 プラジョゴ氏 トップに

2024.01.10 (水)

ベトナム ベトナム最新情報 ベトジェット、2022年3Qは売上6.5倍に

ベトナム最新情報 ベトジェット、2022年3Qは売上6.5倍に

2022.11.09 (水)

ベトナム ベトナム最新情報 ベトジェット航空、フーコックとニューデリー/ムンバイ結ぶ新路線開設

ベトナム最新情報 ベトジェット航空、フーコックとニューデリー/ムンバイ結ぶ新路線開設

2022.09.12 (月)

ベトナム ベトナム最新情報 HAGL、1~5月の業績好調

ベトナム最新情報 HAGL、1~5月の業績好調

2022.06.30 (木)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント