ゼロから学べるアイザワ投資大学

記事検索

ベトナム株

ベトナム最新情報 【VN時事ネタ】ベトナムの7不思議!?ブンタウ沖の海底光ファイバーケーブル年間10回も断線するのはなぜ?

2021.12.29 (水)

ベトナム最新情報 【VN時事ネタ】ベトナムの7不思議!?ブンタウ沖の海底光ファイバーケーブル年間10回も断線するのはなぜ?

【VN時事ネタ】ベトナムの7不思議!?ブンタウ沖の海底光ファイバーケーブル年間10回も断線するのはなぜ?

情報通信省がベトナムのインターネットアクセスの速度と品質に関するデータを公表。データによるとベトナムの海底に敷設されている光ファイバーケーブルは、年間10回断線しており、その度に通信量の4分の1が影響を受けている。復旧にかかる期間は毎回約1ヶ月程度でその間は通信障害が続く。実際2021年には複数のケーブルルートで問題が発生しユーザーに影響を及ぼした。

ベトナムが所有する光ファイバーケーブルは、世界的に見ても同地域の他国と比較しても、その数が圧倒的に少ない。Viettel社によると、人口9,700万人を超えるベトナムには、6,800万人以上のインターネットユーザーがいるが、海底ケーブルルートは7つしかなく、1つのルート当たり平均1,400万のユーザーを支えている計算になる。対して人口約585万人のシンガポールは30、人口約3230万人のマレーシアは22、人口約6980万人のタイは10のルートを保有している。

人口に対し十分なケーブル数が確保できていないことに加え、ベトナムのインターネット回線が常に不安定なもう一つの原因として、ケーブルの老朽化が挙げられる。ベトナムが所有する7つの光ファイバー回線のうち3つはすでに10年以上稼働している。ユーザーのニーズを満たすためベトナムのインターネットインフラは今後改善の必要があると専門家は言う。

度重なる断線、最大1ヶ月程度続く通信障害、利用が集中する時間帯のインターネット速度の低下など課題は多いが、安価でアクセス可能な範囲が広いベトナムのインターネット。他国と比較し、価格に対する供給度に及第点を与え、現状を容認するのが多数派のようだ。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT
https://vetterbusiness.com/

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム株 ベトナム最新情報 新築マンション、高級化すすむ

ベトナム最新情報 新築マンション、高級化すすむ

2022.07.11 (月)

ベトナム株 ベトナム最新情報 銀行手数料が引き下げ

ベトナム最新情報 銀行手数料が引き下げ

2022.05.01 (日)

ベトナム株 ベトナム現地情報2022年3月号より 駐在員の目 旧正月から考える田舎と都会の関係

ベトナム現地情報2022年3月号より 駐在員の目 旧正月から考える田舎と都会の関係

2022.03.11 (金)

ベトナム株 ベトナム通信 ベトナム国産衛星が日本のロケットで宇宙へ

ベトナム通信 ベトナム国産衛星が日本のロケットで宇宙へ

2021.11.19 (金)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント