ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム

Aizawa Market Report ベトナム市場の外国人売り越しと相場への影響

2024.06.24 (月)

アイザワ証券

市場情報部

Aizawa Market Report ベトナム市場の外国人売り越しと相場への影響

ベトナム市場の外国人売り越しと相場への影響

今年5月、ベトナムのホーチミン市場で外国人投資家による株式の売り越し額は単月で約14.8兆ドン(約920億円、ETFやカバーワラントなどその他証券を含めると約15.6兆ドン)と過去最高を記録した(下図参照)。その主な要因として、①米国の利下げ時期後ずれを背景にドン安が進行し、ドン建ての資産からドル建ての資産や金に資金を移す動きが目立ったこと、②ベトナムの4月の消費者物価指数(CPI)が+4.4%と当局の目標レンジ上限(+4.5%)に近づき、今後インフレ抑制のために金融引き締めの可能性が高まったことなどが考えられる。

また個別で目立った動きとして、米国の資産運用大手であるブラックロック社は68日に同社が運用する「iシェアーズ・フロンティア・アンド・セレクトEM ETF」(米国:FM)を清算すると発表した(最終取引日は2025331日の予定)。当該ETFはベトナムが属するフロンティア市場に連動する代表的な商品で、運用資産全体に占めるベトナム株の組み入れウェートが高いことから、その売却を進めていく過程で外国人投資家の売り越しは今後も続く可能性が考えられる。実際、当該ETFのベトナム株式の組み入れウェートは、今年531日時点で約28%であったが、618日には約14%へと半減しており、主にホアファット(ベトナム:HPG)やビンホームズ(ベトナム:VHM)、ベトナム乳業(ベトナム:VNM)、ビングループ(ベトナム:VIC)、マッサングループ(ベトナム:MSN)などの銘柄に対する換金売りが見られた。

直近1年間で見ると、ホーチミン市場では外国人投資家の売り越しが続く中、売買代金全体に占める外国人投資家の比率は10%台と新型コロナ禍前の30%台に比べて相場への影響力が大きく低下している。その一方で昨年末から国内景気や輸出の回復などを追い風に国内勢の商い増加が目立つなど、ベトナムVN指数は海外勢の売り越しにもかかわらず戻り基調を維持している(右図参照)。外国人投資家は一般にバリュエーション重視の傾向があり、その売り越しは株価が割高と解釈することもできるものの、同時に外国人保有枠上限の関係で今まで投資できなかった優良株に投資できる機会をもたらしている。中長期目線で成長が期待できるベトナムの主な優良株として、FPT(ベトナム:FPT)や軍隊商業銀行(ベトナム:MBB)、モバイルワールド・インベストメント(ベトナム:MWG)などに注目したい。

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項

本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

市場情報部

アイザワ証券

市場情報部

国内から欧米、アジアまで、アイザワ証券が取り扱う市場の政治経済動向や上場企業を調査・分析し、レポートやセミナー、メディアを通じてお客様に情報提供を行う。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム ベトナム最新情報 FPT、海外市場で売上10億米ドルを達成

ベトナム最新情報 FPT、海外市場で売上10億米ドルを達成

2024.01.28 (日)

ベトナム ベトナム最新情報 ベトナム航空、ロンドン路線の運航を再開

ベトナム最新情報 ベトナム航空、ロンドン路線の運航を再開

2022.06.22 (水)

ベトナム ベトナム最新情報 フライト時間20分の短距離路線が就航

ベトナム最新情報 フライト時間20分の短距離路線が就航

2022.02.21 (月)

ベトナム ベトナム最新情報 農民のEコマース・サイト活用広がる、農産物を販売

ベトナム最新情報 農民のEコマース・サイト活用広がる、農産物を販売

2022.02.10 (木)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント