ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム

ベトナム最新情報 アジア観光回復率 苦戦する東京・HCMC

2022.11.19 (土)

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナム最新情報 アジア観光回復率 苦戦する東京・HCMC

アジア観光回復率 苦戦する東京・HCMC

スペインの旅行調査会社フォワードキーズ(ForwardKeys)が、パンデミック前の2019年と今年の外国人旅行者数の推移を発表。アジア太平洋地域では東京が最下位の83%減で、ホーチミン市も69%減と苦戦する現状が浮き彫りになった。

調査によると、アジアの都市の中で最も回復が遅れたのは東京で、続いてソウル (78%)、バンコク (75%)

デンパサール (74%)、クアラルンプール (73%)、プーケット (72%)と続いた。ホーチミン市はシンガポールと同値の69%減だった。この地域で最も回復率が高かったのはパキスタンのラホールで、2019年と比較し4%増加している。

ForwardKeysは今回、世界の国際線到着率が0.235%を超える都市に限定し調査を実施。少なくとも1泊する外国人観光客の数が統計データとして用いられている。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT(https://vetterbusiness.com/

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム ベトナム最新情報 カシューナッツ輸出、米国、中国向けが主流

ベトナム最新情報 カシューナッツ輸出、米国、中国向けが主流

2023.10.19 (木)

ベトナム ベトナム最新情報 豪産コットンで輸入トップ

ベトナム最新情報 豪産コットンで輸入トップ

2023.08.17 (木)

ベトナム ベトナム最新情報 中国からのガソリン輸入が増加

ベトナム最新情報 中国からのガソリン輸入が増加

2022.10.18 (火)

ベトナム ベトナム最新情報 デジタル経済、GDPの30%目指す

ベトナム最新情報 デジタル経済、GDPの30%目指す

2022.05.30 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント