ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム株

ベトナム現地情報2022年11月号より マーケット概況 プレイバック10月のベトナム市場

2022.11.24 (木)

ベトナム現地グループ会社

Japan Securities Co., Ltd.

ベトナム現地情報2022年11月号より マーケット概況 プレイバック10月のベトナム市場

プレイバック・10月のベトナム市場

1,000ポイントを割り込む

10月の株式市場は金利上昇とドン安の影響を受けて弱い値動きが続きました。

ベトナム国家銀行は24日、先月に続き2回目の利上げを実施しました。これに先立ち、同行は17日に自国通貨の対ドル変動幅を3%から5%に拡大させています。

また不動産開発大手のVTPグループ会長が違法社債問題に絡んで逮捕、同行と繋がりがあるとされるサイゴン商業銀行で取り付け騒ぎが発生するなど、投資家心理を悪化させました。

そのため、10月は薄商いが続き、ホーチミン市場の1日当たりの平均売買代金は前月比14%減の11兆5,934億ドンとなりました。

投資家別では、国内の個人投資家が買い越した一方で外国人投資家は大きく売り越しました。外国人投資家による売り越し額は、前月と比べて減少しました。

マクロ経済指標の鈍化

ウィズコロナ政策後、堅調だった経済指標の前年同期比の伸び率が鈍化し始めています。10月の小売売上高は同17.1%増、鉱工業生産指数は同6.3%増とともに前月と比べて伸び率が鈍化しています。またCPI(消費者物価指数)は同4.3%と政府目標の上限である4.0%を上回ってきています。

マーケットデータ

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

Japan Securities Co., Ltd.

ベトナム現地グループ会社

Japan Securities Co., Ltd.

アイザワ証券グループは、ベトナムの証券会社「Japan Securities Co., Ltd.(ジャパン・セキュリティーズ・インコーポレイテッド)」を2018年に子会社化。ベトナムの経済成長や、株式取引における規制緩和などを背景に、ベトナム株式投資に対する関心が高まっており、情報提供の強化や利便性の向上を図っている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム株 ベトナム最新情報 ダナン市が市内の無料公衆トイレの充実化を図るプロジェクトを始動

ベトナム最新情報 ダナン市が市内の無料公衆トイレの充実化を図るプロジェクトを始動

2023.06.16 (金)

ベトナム株 リサーチレポート ベトナム 観光を基幹産業へと発展させるのがベトナム政府方針

リサーチレポート ベトナム 観光を基幹産業へと発展させるのがベトナム政府方針

2023.04.04 (火)

ベトナム株 ベトナム最新情報 ダナン・インド直行便 10月より運行開始

ベトナム最新情報 ダナン・インド直行便 10月より運行開始

2022.09.22 (木)

ベトナム株 リサーチレポート ベトナム 2022年第1四半期GDP成長率+5.03%

リサーチレポート ベトナム 2022年第1四半期GDP成長率+5.03%

2022.05.16 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント