ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム株

ベトナム最新情報 睡眠に特化した旅行「スリープ・ツーリズム」がベトナムに浸透

2024.03.27 (水)

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナム最新情報 睡眠に特化した旅行「スリープ・ツーリズム」がベトナムに浸透

睡眠に特化した旅行「スリープ・ツーリズム」がベトナムに浸透

オンライン宿泊施設予約サービスBooking.comが、新旅行トレンドについて調査した「2024年旅行傾向予測レポート」を発表した。同調査結果から、過剰なストレスや睡眠障害に悩まされる人が多いなか、そのひとつの解決策として、従来の旅行の魅力を感じながらも、質の高い睡眠を取ることに注目したスリープ・ツーリズムのニーズが高まっていることが明らかになった。

アジア太平洋地域全体で見ると旅行者の66%が「妨げられることなく良質の睡眠が取れる旅行をしたい」と回答している。同回答率が最も高かったのは中国で83%、次いでタイ75%、韓国70%、インド68%、シンガポール67%との結果であった。ベトナム人旅行者の同回答も67%に達し、シンガポールと並び5位となった。以降は台湾55%、オーストラリア53%、日本51%と半数程度の回答が続いた。

7割近いベトナム人が良質の睡眠が取れる旅行を求めていることを受け、観光業界も変化と工夫を強いられている。宿泊施設はより多くの設備・サービスを提供し、旅行者が健康的でリラックスした休暇を過ごせるような取り組みを行っている。大気質、気候、食文化、自然環境など、旅行者の快適な眠りの助けとなるような観光地の情報を提供するアプリも充実させている。一年を通して涼しく新鮮な空気と美味しい食事が楽しめるダラットと、海に近く静かなリゾート地が多く、利便性も良いダナンは、ベトナム国内で最もスリープ・ツーリズムが盛んな地域となっている。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT(https://vietexpert.jp
※本記事は提供先のニュースサイトより原文のまま掲載しています

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項

本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム株 ベトナム最新情報 後払い決済サービス「AFTEE」提供開始

ベトナム最新情報 後払い決済サービス「AFTEE」提供開始

2023.06.19 (月)

ベトナム株 ベトナム最新情報 企業が人材削減を実施、世界経済低迷で受注減

ベトナム最新情報 企業が人材削減を実施、世界経済低迷で受注減

2023.04.08 (土)

ベトナム株 ベトナム最新情報 8月の訪越外国人 前月比38%上昇

ベトナム最新情報 8月の訪越外国人 前月比38%上昇

2022.09.05 (月)

ベトナム株 ベトナム最新情報 赤字払拭目指すビナサン 上場廃止免れるか

ベトナム最新情報 赤字払拭目指すビナサン 上場廃止免れるか

2022.04.17 (日)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント