ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

インドネシア株

インドネシア最新情報 自動車ターミナル運営会社の株式取得

2023.08.29 (火)

ベトナム

VIETEXPERT

インドネシア最新情報 自動車ターミナル運営会社の株式取得

自動車ターミナル運営会社の株式取得

株式会社上組は8月21日、豊田通商がインドネシアに2021年に設立した自動車ターミナル運営会社パティンバン・インターナショナル・カー・ターミナル(PICT)の株式の15%を6月30日付で取得したと発表した。

ジャカルタ首都圏には唯一の国際港としてタンジュン・プリオク港があるものの、取扱能力が飽和しつつあり、インドネシア政府はパティンバン国際港(自動車ターミナルとコンテナターミナル)を日本のODAにて整備している。このうち、自動車ターミナル事業をPICTが運営している。今後、高速道路開通によるパティンバン国際港の利便性向上により、同港の取扱量増加が予想されている。同社は、同自動車ターミナル事業参画を通じて、インドネシアに進出している企業へ最適なロジスティクスを提案していく。

※記事提供:インドネシアビジネス情報ニュースサイト:PAGiPAGiPOST(https://news.lifenesia.com
※本記事は提供先のニュースサイトより原文のまま掲載しています

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

インドネシア株 インドネシア最新情報 ポカリスエットデザインの機体 スポーツツーリズムを振興

インドネシア最新情報 ポカリスエットデザインの機体 スポーツツーリズムを振興

2024.02.13 (火)

インドネシア株 インドネシア最新情報 ジョコウィ大統領 ソーシャルメディアでの商取引を正式に禁止

インドネシア最新情報 ジョコウィ大統領 ソーシャルメディアでの商取引を正式に禁止

2023.10.02 (月)

インドネシア株 インドネシア最新情報 国内百貨店第1号店が10月にオープン

インドネシア最新情報 国内百貨店第1号店が10月にオープン

2023.08.07 (月)

インドネシア株 リサーチレポート インドネシア 2022年1年間のFDI実行額は前年比+46.7%

リサーチレポート インドネシア 2022年1年間のFDI実行額は前年比+46.7%

2023.02.13 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント