ゼロから学べるアイザワ投資大学

記事検索

ベトナム株

ベトナム最新情報 年間新車総販売台数50万台突破 メーカー別販売台数首位はトヨタ

2023.01.22 (日)

ベトナム最新情報 年間新車総販売台数50万台突破 メーカー別販売台数首位はトヨタ

年間新車総販売台数50万台突破 メーカー別販売台数首位はトヨタ

ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2022年のベトナムの新車総販売台数は50万9141台に達し、前年の約41万台を大幅に上回った。新型コロナウイルスの発生から3年が経過し、ベトナム政府と各自動車メーカーが講じた景気刺激策が消費者の購買意欲の向上につながった結果となった。

メーカー別販売台数のトップはトヨタで、合計販売台数は9万1115台。近年最多の販売台数で、市場シェア25.4%という数字につながった。過去1年間にベトナムで最も売れた主力モデルのヴィオスが2万3259台、カローラクロスが2万1473台、新型のヴェロズクロスも1万4104台と大健闘した。

2位はアクセント2万2645台、新型クレタ1万2096台を含む8万1582台を販売し、前年比15%増以上を達成した現代自動車。

3位はK3とセルトスがヒットし6万729台を販売、市場シェア約17%を獲得した起亜。

4位はMPV市場No1の人気を誇るエクスパンダーを中心に売り上げを伸ばし、3万9861台を販売した三菱自動車で、日本企業のシェア拡大に貢献した。

2022年の売れ筋はBクラスセダン、都市型SUV、MPVモデルであった。コンパクトなデザイン、手頃な車両価格、低燃費の3つの利点を備えたモデルが、少人数家族やサービスカーの需要に応じた。

ベトナムの購買力の伸びは、マレーシアに次いで東南アジア2位。市場の可能性は依然大きく、今後数年間でさらに拡大し続けると専門家は予想している。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT(https://vetterbusiness.com/

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム株 ベトナム最新情報 自動車生産台数、ASEANで4位

ベトナム最新情報 自動車生産台数、ASEANで4位

2022.12.22 (木)

ベトナム株 リサーチレポート ベトナム 2022年第2四半期のGDP成長率+7.72%は記録的高さ

リサーチレポート ベトナム 2022年第2四半期のGDP成長率+7.72%は記録的高さ

2022.07.05 (火)

ベトナム株 ベトナム最新情報 HCM市、デジタルハブに向けインフラや人材投資が必須

ベトナム最新情報 HCM市、デジタルハブに向けインフラや人材投資が必須

2022.04.19 (火)

ベトナム株 ベトナム最新情報 中秋節で月餅に行列

ベトナム最新情報 中秋節で月餅に行列

2021.10.01 (金)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント