ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

韓国株

コリアインサイト 韓国オンラインショッピングの強者

2024.03.21 (木)

有進投資証券

成 承桓

コリアインサイト 韓国オンラインショッピングの強者

20241月の韓国のオンラインショッピングの取引額はおよそ18兆ウォン、中でも食品の取引額は過去最高を記録しました。韓国では小売市場に占めるオンラインショッピングの比率が5割近くまで拡大しており、オフラインからオンラインへ消費活動の変化が鮮明となっています。

その中でも象徴的なのがオンラインショッピングで国内最大手の「クーパン」です。同社は長年赤字が続いていましたが、黒字転換を達成。既存の小売企業を圧倒する勢いを見せています。今回は「クーパン」の過去と現状についてご紹介したいと思います。

苦しんだ「クーパン」の過去

2010年に創業した「クーパン」は2014年に新サービス「ロケット配送」を導入し、業界首位に躍り出ました。「ロケット配送」は平日、休日に関係なく注文した商品が翌日に配送される画期的なサービスです。

しかし、物流システムの構築に莫大な投資金額がかかり、同社は赤字に陥り、会社の倒産まで囁かれるようになりました。そんな中、ソフトバンクから2015年に10億ドル、2018年に20億ドルの投資を受けました。結果的に「クーパン」は画期的なサービスへの投資を加速させることができました。例えば、ロケットフレッシュという生鮮食品の早朝配送サービスがあります。これは生鮮食品を午前0時までに発注すると、翌朝の午前7時までに届けてくれるサービスです。筆者も利用していますが、1回使ってみたらハマってしまいます。

小売大手と競争、そして黒字転換

従来小売業界を取り上げる際、韓国ではイーマート、ロッテなどが挙げられてきました。今はそこに「クーパン」が入ってきています。同社の2023年の売上高は318,298億ウォンと前年と比べて2割の増収。さらに6,174億ウォンの営業利益を記録し、2010年の創業以来14年ぶりに黒字転換を果たしました。

中国系ECとの新たな戦い

順調に見える「クーパン」ですが、足元で新たな競争が発生しています。中国系のAliExpressTemuの登場です。韓国のオンラインショッピングの会員数を確認すると「クーパン」が1,400万超で1位、その後にAliExpress800万超で2位、Temu600万超で4位に位置しています。「クーパン」の今後成長は勢いをつけてきている中国勢とどう戦っていくかにかかっていると思われます。今後の動きから目が離せません。

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項

本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

成 承桓

有進投資証券

成 承桓

全南大学卒業後 、 未来アセット証券 、 教保証券 、 SK 証券を経て 、 2008 年に有進投資証券入社 。 国際営業チーム 、海外事業 チーム 、 海外投資チームを 経て 、 2021 年よりマルチ金融チームで日本の不動産及び金融商品を 担当している 。趣味はランニングと映画鑑賞 。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

韓国株 コリアインサイト 世界に広がり続ける韓流ブーム

コリアインサイト 世界に広がり続ける韓流ブーム

2023.01.04 (水)

韓国株 コリアインサイト 政権交代で変わるエネルギー政策

コリアインサイト 政権交代で変わるエネルギー政策

2022.04.04 (月)

韓国株 コリアインサイト 本格化するメタバースビジネス

コリアインサイト 本格化するメタバースビジネス

2021.12.27 (月)

韓国株 コリアインサイト スマホ新時代

コリアインサイト スマホ新時代

2021.09.21 (火)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント