ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

初心者向け

以新伝心 急成長するAI半導体と注目のASIC

2024.01.22 (月)

アイザワ証券

市場情報部

以新伝心 急成長するAI半導体と注目のASIC

当記事は2024年1月15日発行「アイザワ・グローバルマンスリー1月号」より抜粋しております。
「アイザワ・グローバルマンスリー」は「投資情報サイト」へ掲載しております。

急成長するAI半導体と注目のASIC

12月6日、米半導体大手のアドバンスト・マイクロ・デバイセズAMDは「AMDAdvancingAI」と題した発表会で、同社の生成AI向け新型GPU「MI300」シリーズの詳細を明らかにしたと同時に、今後4年間でAI半導体の市場規模は450億ドルから4000億ドルに拡大すると予想した従来予想は300億ドルから1500億ドルに拡大)。

世界半導体市場統計WSTSによると、2022年の世界の半導体の市場規模は5741億ドル、そのうちICの市場規模は4744億ドルであったことから、AI半導体は成長率と絶対額の点で業界に多大なインパクトをもたらすことが見込まれている。

AI開発のプロセスは大きく「学習」と「推論」の2つに分かれており、前者は入力したデータを分析してモデルを構築するプロセス、後者は構築されたモデルを元にデータを識別するプロセスだ。現在、様々なAIモデルを構築するニーズが多いため、「学習」プロセスで行う大規模並列処理を得意とする「GPU」の急成長が目立っているが、GAFAMやテスラなど大手テック企業はより処理速度と電力効率に優れる「ASIC」の開発を加速させている上図参照)。

ASICは特定用途向けICの略称で、幅広い用途に対応できるCPUやGPUと違って、特定の用途に最適化された専用チップのことを指す。AI向けASICの代表的な製品として、アマゾン・ドットコムの「Trainium」、アルファベットの「CloudTPU」、テスラの「D1」などが挙げられ、「学習」プロセスにおいてGPUを大きく上回る性能を発揮している。

また、AI開発がデータセンターでのモデル構築からから末端でのデータ識別に広がっていくのに伴って、今後は「推論」プロセスでもASICの利用が急増する可能性がある。現状、ASICはGPUに比べて開発環境がまだ不十分であるものの、自動車やスマホ、PCなど消費者向け製品への応用が広がれば、AI半導体の普及を担う主役になりそうだ。

※「以新伝心」は、新しい出来事に着目し、心に伝えることをコンセプトにしたコラムです。投資の推奨を目的としたものではありません。

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

市場情報部

アイザワ証券

市場情報部

国内から欧米、アジアまで、アイザワ証券が取り扱う市場の政治経済動向や上場企業を調査・分析し、レポートやセミナー、メディアを通じてお客様に情報提供を行う。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

初心者向け 以新伝心 インフレで脚光を浴びる格安EC「Temu」

以新伝心 インフレで脚光を浴びる格安EC「Temu」

2023.12.18 (月)

初心者向け 以新伝心 NISAはやっぱりいーさ!

以新伝心 NISAはやっぱりいーさ!

2023.10.06 (金)

初心者向け 外国市場ガイド:タイ編

外国市場ガイド:タイ編

2021.12.24 (金)

初心者向け 外国市場ガイド:イスラエル編

外国市場ガイド:イスラエル編

2021.12.24 (金)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント