ゼロから学べるアイザワ投資大学

記事検索

マーケット

マーケットのミカタ 10月の株式市場見通し

2022.09.22 (木)

マーケットのミカタ 10月の株式市場見通し

10月の株式市場見通し

8月のアメリカのCPIは市場予想を上回る

9月13日に、8月のアメリカのCPI(消費者物価指数)が発表されました。まずは総合CPIと、食料・エネルギーを除くコアCPIの推移をグラフで見てみましょう。

グラフを見ると、総合CPIとコアCPIともに市場予想を上回っており、特にコアCPIは前年比でみた伸びが前月より大きくなっていることが分かります。

コアCPIが予想を上回った主な要因として、コアCPIの約3分の1を占める住居費が大きく上昇したことなどが挙げられます。住居費は一度上昇すると下落しにくい側面があり、市場ではインフレの高止まりが長期化する懸念が高まりました。

アメリカ株式市場は上値の重い状況が続く可能性

株式が割安か割高かを測る指標の1つに、イールドスプレッドがあります。イールドスプレッドは、長期国債の利回りから株式益利回りを引くことで求められ、株式の割安感・割高感を債券の金利と比較して相対的に判断できる指標です。まずは、日米のイールドスプレッド(注1)の推移をグラフで見てみましょう。

(注1)アメリカのイールドスプレッドは「米国債10年金利-S&P500指数益利回り」で算出し、日本のイールドスプレッドは「日本国債10年金利-TOPIX益利回り」で算出しています。

グラフを見ると、アメリカのイールドスプレッドは足元では割高な状況が続いていることが分かります。債権と比較したアメリカ株式の割高感が解消されるためには、企業業績が拡大するか、米国長期金利が大きく低下するか、株式市場が大きく下落するかのいずれかが必要です。

世界的な景気悪化に伴うアメリカの企業業績の悪化が懸念されていることや、FRBの金融引締め長期化により米国債金利が高止まりする可能性があることを考慮すると、アメリカ株式市場は上値が重い状況が継続する可能性があります。

一方、日本のイールドスプレッドは比較的割安な水準にあり、また企業業績の回復から更に割安感が強まる可能性があります。

割安感の顕在化から、10月以降に日本株は再評価される可能性があります。

円安は一服し、内需株優位の展開になる可能性

最後に、足元で急速に進んでいる円安について考えていきます。

まずは、アメリカの政策金利見通しのグラフを見てみましょう。

市場では、アメリカの政策金利は20233月にピークを付けて、その後、緩やかに低下していくことが予想されています。また、利上げのピークが近づいてきていることから、今後の政策金利の見通しに対する不透明感は徐々に緩和される可能性があります。

日米金利差はこれ以上広がりにくい点を考慮すると、足元の急激な円安は一時的に一服する可能性があります。

円安が一服した場合、ハイテク企業などの輸出型製造業の株価は上値が重くなり、インバウンド関連などの内需関連企業の株価が堅調に推移する可能性が高まるとみています。

  • 当記事は、アイザワ証券のラップサービスの一つ「スーパーブルーラップ」のファンドマネージャーである三井郁男が作成したレポートを、添田恭平が再構成したものです。
  • 「スーパーブルーラップ」の詳細はこちらから

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

三井 郁男 / 添田 恭平

投資顧問部

三井 郁男 / 添田 恭平

三井 郁男  2013年アイザイワ証券入社。1984年からファンドマネージャーとして日本株運用を40年近く続ける。国内銀行投資顧問、英国の投資顧問会社、国内大手信託銀行、投資顧問会社を設立し運用を続け現在に至る。自ら企業調査をするボトムアップ運用を続けている。 / 添田 恭平 2020年にアイザワ証券へ入社し、福山支店に配属。新規開拓営業や、セミナーを通じた金融教育に従事する。その後、2022年より投資顧問部へ異動。スーパーブルーラップ及びブルーラップの運用関連業務に携わる傍ら、将来のファンドマネージャーになるために勉強中。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

マーケット 米国景気と長期債市況の見通し リセッション懸念で底打ち感強まる米長期債に注目

米国景気と長期債市況の見通し リセッション懸念で底打ち感強まる米長期債に注目

2022.08.03 (水)

マーケット 株式市場の視点 足元の振り返りとこの先の視点

株式市場の視点 足元の振り返りとこの先の視点

2022.05.09 (月)

マーケット 株式市場の視点 徐々に悪材料を織り込む

株式市場の視点 徐々に悪材料を織り込む

2022.04.14 (木)

マーケット 株式市場の視点 混迷続く金融市場

株式市場の視点 混迷続く金融市場

2022.03.09 (水)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント