ゼロから学べるアイザワ投資大学

記事検索

ベトナム株

ベトナム最新情報 アマゾンとiDEA、Eコマース向け人材育成で協力

2022.06.15 (水)

ベトナム最新情報 アマゾンとiDEA、Eコマース向け人材育成で協力

アマゾンとiDEA、Eコマース向け人材育成で協力

米アマゾンとベトナム商工省傘下のEコマース・アンド・デジタル経済機関(iDEA)はこのほど、電子商取引(Eコマース)を通じた輸出機会の拡大のため、企業向けの人材育成を促すイニシアティブ「クロスボーダー・Eコマース」での連携を盛り込んだ覚書(MOU)を結んだと明らかにした。

このイニシアティブは5年にわたり、オンラインとオフラインでベトナム全土のブートキャンプで人材育成を図るものだ。2022年から2026年にかけ、ベトナムの1万社に向け、Eコマース関連の人材を提供することを目指すという。

世界のEコマース市場は2025年までに74,000億米ドル規模に拡大すると予想されている。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT(https://vetterbusiness.com/

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム株 ベトナム最新情報 旧正月シーズンの鉄道乗車券、販売好調

ベトナム最新情報 旧正月シーズンの鉄道乗車券、販売好調

2022.10.29 (土)

ベトナム株 ベトナム最新情報 デジタル経済、GDPの30%目指す

ベトナム最新情報 デジタル経済、GDPの30%目指す

2022.05.30 (月)

ベトナム株 ベトナム最新情報 サイバー攻撃、1~3月に3000件超に

ベトナム最新情報 サイバー攻撃、1~3月に3000件超に

2022.04.13 (水)

ベトナム株 ベトナム最新情報 売上高10億米ドル超のテクノロジー企業、25年までに10社に

ベトナム最新情報 売上高10億米ドル超のテクノロジー企業、25年までに10社に

2022.01.03 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント