ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

アジア株

アジア株週間トピックス 2023年1月6日号

2023.01.06 (金)

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

アジア株週間トピックス 2023年1月6日号

ベトナムの2022年10~12月期GDPは前年同期比+5.92%に

2022年年間では、前年比+8.02%成長に

2022年12月29日に、ベトナムの2022年10~12月、2022年年間のGDP成長率が発表されました。四半期ベースでは、前年同期比+5.92%、年間では前年比+8.02%と、いずれも市場予想を上回りました。世界経済が不安定な中で、ベトナム経済の好調さが示されたといえるでしょう。

なお、ベトナム統計当局によると、2022年にベトナムに入国した外国人訪問者数は、前年比23倍の約366万人に急増しました。多くの国や地域で、人の往来の再開や制限の緩和が進められており、ベトナムへの訪問者増加につながっています。

直近発表された統計のうち小売売上高をみると、12月月間では前年同月比17.1%増、2022年年間では前年比19.8%増でした。

来訪者の増加は、好調なGDPや小売り売上高要因のひとつとなっており、ベトナムの消費関連銘柄にとっては追い風になるとみています。

インドネシアは1月2日からRCEP発効

インドネシアはRCEPに参加

新年1月2日より、インドネシアが東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に参加することとなりました。この連携協定は、輸入関税の削減や撤廃によって、加盟国間の貿易活性化につなげることを主眼としています。

アセアンのなかではタイ、ベトナム、シンガポールなどに次ぐ参加で、インドネシアにとっても世界的にみても影響は大きいといえます。

ここ数年、インドネシア政府当局が打ち出す政策は石炭、パーム油、ニッケルなどの禁輸や解除など、自国資源囲い込みの動きが目立っていました。このRCEP発効を機に域内貿易の活性化が見込まれており、インドネシアの政策にも変化が出てきそうです。

インドネシアは従来のコロナ行動の規制を全国で緩和

なお、インドネシアは12月30日に新型コロナウイルスの感染拡大にともなう行動規制を全国で解除しました。人込みのなかでのマスク着用継続は引き続き呼びかけるものの、ほぼ3年ぶりの制限解除で、大きな転換といえます。

多くの周辺国などと同じく規制の緩和に踏み切ったことで、今後のインドネシア経済の正常化が期待出来るとみています。

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

明松 真一郎

アイザワ証券 市場情報部

明松 真一郎

1990年平岡証券(現アイザワ証券)に入社。加古川支店でのリテール営業を務めた後、ディーリング部、営業本部、生駒支店でのバックアップ部門などを経験。2005年に証券アナリスト資格取得したことを機に、市場情報部(当時投資リサーチセンター)に異動。アセアン株を中心としたアジア株の調査、分析を行なっている。

合わせて読みたい

アイザワ証券公式SNSアカウント