ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム

ベトナム最新情報 日本産果実、需要高まる

2024.02.07 (水)

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナム最新情報 日本産果実、需要高まる

日本産果実、需要高まる

1月17日、ホーチミン市で、日本青果物輸出促進協議会(J-FEC)は、日本産果実と偽造防止マークのPRを行った。

J-FECによると、日本産果実で対越輸出が認可されているのは、りんご、梨、みかんの3種類。品質検査が厳しい日本産果実は、ベトナム市場では価格が比較的高いが、贈答用などに人気が高い。

在ホーチミン日本国総領事館によると、ASEAN域内でシンガポールなど所得が高い国に比べても、ベトナムで日本産果実の需要は高い。ベトナムは人口が多く、味や品質、安全性が高い商品の需要が高いことから、日本産果実のポテンシャルは高いという。

J-FECのビジネスパートナーであるK.L.E.V.E社によると、ベトナム人消費者の外国製品に対する需要は高い。しかし日本産果実の輸入は多くなく、原産地の偽造も横行しているという。

※記事提供:ベトナムビジネス情報ニュースサイト:VIETEXPERT(https://vietexpert.jp
※本記事は提供先のニュースサイトより原文のまま掲載しています

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項
本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

VIETEXPERT

ベトナム

VIETEXPERT

ベトナムでウェブメディア事業を手掛ける、Sunrise Advertising Solutions(ホーチミン市)によるベトナムビジネス情報サイト。姉妹紙に『週刊ベッター』などがある。なお、『週刊ベッター』は2010年創刊の無料週刊誌で、現地で最も認知度の高い日本語紙媒体である。発行部数は1万部で、ハノイ、ホーチミン市を中心に主要施設やレストラン等に設置されている。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム ベトナム最新情報 コーヒーかす、サステナブルファッションに活用

ベトナム最新情報 コーヒーかす、サステナブルファッションに活用

2024.03.20 (水)

ベトナム ベトナム最新情報 GoVietの元CEO、コーヒーチェーンで資金調達

ベトナム最新情報 GoVietの元CEO、コーヒーチェーンで資金調達

2024.02.22 (木)

ベトナム ベトナム最新情報 フードデリバリー、Grabが東南アジアでシェアトップ

ベトナム最新情報 フードデリバリー、Grabが東南アジアでシェアトップ

2024.02.19 (月)

ベトナム ベトナム最新情報 FPT、海外市場で売上10億米ドルを達成

ベトナム最新情報 FPT、海外市場で売上10億米ドルを達成

2024.01.28 (日)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント