ゼロから学べるアイザワ投資大学

会員登録(無料)

記事検索

ベトナム

リサーチレポート ベトナム ベトナムの流通業界について、活発な情報交換が行われました①

2023.04.17 (月)

資産運用会社

キャピタル アセットマネジメント

リサーチレポート ベトナム ベトナムの流通業界について、活発な情報交換が行われました①

アジア株のパイオニア、アイザワ証券ならアジアの投資情報も充実。キャピタル アセットマネジメント株式会社提供によるリサーチレポートがご覧いただけます。

※各タイトルをクリックするとキャピタル アセットマネジメントのホームページへリンクします。リンク先は当社が運営、管理するものではありません。

最新のリサーチレポート

ベトナムの流通業界について、活発な情報交換が行われました①

これまでのリサーチレポート

ベトナム 観光を基幹産業へと発展させるのがベトナム政府方針

ベトナム 2023年第1四半期GDP成長率は+3.32%

ベトナム 国家銀行 政策金利引き下げ

ベトナム 新たな国家主席の就任

インドネシア 2022年の貿易黒字は544.6億米ドルと記録的水準

インドネシア 2022年1年間のFDI実行額は前年比+46.7%

フィリピン 2022年GDP成長率は+7.6%

フィリピン 2022年11月の貿易収支

ベトナムのフック国家主席の突然の辞任について

フィリピン 1~10⽉OFW送金は前年同期比+3.1

ベトナム 記録的水準となった2022年のFDI実施額

ベトナム 2022年の輸出入額は最高額を記録

ベトナム 2022年のGDP成長率+8.02%(過去15年間で最高)

ベトナム 記録的水準となった1~11月のFDI実施額

インドネシア 2022年第3四半期GDP成長率+5.72%

フィリピン 2022年第3四半期GDP成長率は+7.6%

ベトナム 2022年1~9月期の小売りサービス売上高 前年同期比+21%

ベトナム 観光産業は力強く回復中

ベトナム デジタル化を強力に推進

インドネシア インフレ抑制を目指し政策金利50bp引き上げ

ベトナム FDI実施額は好調

ベトナム 記録的GDP成長率 3Q+13.67% 9か月累計+8.83%

ベトナム 消費者物価指数(CPI)は制御下

ベトナム 国家銀行2年ぶり政策金利引上げ

フィリピン 2022年第2四半期GDP成長率は7.4%

インドネシア 2022年上半期GDP成長率+5.23%

インドネシア 2022年上半期のFDI実行額は前年同期比+38.2%

ベトナム 観光産業が回復基調

中国からベトナムへのグローバル企業の生産拠点移転

ベトナム政府による物価・金利・経済回復への取組み

ベトナム 2022年第2四半期のGDP成長率+7.72%は記録的高さ

ベトナム 2025年に東南アジア3位の経済規模へ(IMF予想)

ベトナム 2022年初5か月輸出増が目立つ水産物とコーヒー

フィリピン大統領選挙 マルコス氏が正式に大統領選勝利

インドネシア 記録的な4月の貿易黒字

ベトナム 4月の消費者物価指数(CPI)+2.64%

フィリピン 2022年第1四半期のGDP成長率

ベトナム 2022年初4か月の輸出入額2桁成長

ベトナム 2022年第1四半期GDP成長率+5.03%

インドネシア 2022年第1四半期のGDP成長率+5.01%

年初4か月実行FDI 直近4年間のうち最高水準に

フィリピン大統領選挙 マルコス氏が当選確実

フィリピン総選挙及びフィリピン大統領選挙 6

ベトナム中小型株スキャンダルの影響について

ベトナム コロナから新常態・経済回復へ

ベトナム 2021年の外貨準備高は過去最高を更新

2021年自動車販売台数は急増

ベトナム 2021年の輸出入額+22.6%

フィリピン総選挙及びフィリピン大統領選挙5

インドネシア 2021年のFDI実現額は前年比+8.3%

フィリピンの 2021年の海外送金受取は過去最高値へ

インドネシア 2021年GDP成長率+3.69%

2021年の貿易黒字は2008年以来の記録的高水準

ベトナム2021年のFDI認可額+9.2%

ベトナム2021年GDP成長率+2.58%

フィリピン総選挙及びフィリピン大統領選挙 4

フィリピン総選挙及びフィリピン大統領選挙 3

フィリピン総選挙及びフィリピン大統領選挙 2

フィリピン総選挙及びフィリピン大統領選挙 1

ご留意事項

金融商品等の取引に関するリスクおよび留意点等

お客様にご負担いただく手数料について

免責事項

本資料は証券投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終決定は、お客様ご自身による判断でお決めください。本資料は企業取材等に基づき作成していますが、その正確性・完全性を全面的に保証するものではありません。結論は作成時点での執筆者による予測・判断の集約であり、その後の状況変化に応じて予告なく変更することがあります。このレポートの権利は弊社に帰属しており、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。

ライター

キャピタル アセットマネジメント

資産運用会社

キャピタル アセットマネジメント

2004年に発足した中堅の資産運用会社。ベトナム、フィリピン、アセアン諸国などの新興国市場・企業の株式に投資するファンドを運用し、中でもベトナムの株式運用については第一人者である。独自の運用手法とグローバルな情報ネットワークを駆使し、クオリティーの高い商品の提供に努めている。2017に投信業界初の公募投信ESG(環境・社会・ガバナンス)日本株ファンドの運用を、2019年に日本ではあまり前例のない世界ツーリズム株式ファンドの運用を開始した。

合わせて読みたい

このカテゴリの他の記事

ベトナム ベトナム最新情報 ビンディン省、タイに投資拡大を呼びかけ

ベトナム最新情報 ビンディン省、タイに投資拡大を呼びかけ

2024.03.08 (金)

ベトナム ベトナム最新情報 外資大手、業績不振で500人超解雇

ベトナム最新情報 外資大手、業績不振で500人超解雇

2023.05.23 (火)

ベトナム ベトナム最新情報 オンラインサービス指数、ベトナムの順位は世界76位

ベトナム最新情報 オンラインサービス指数、ベトナムの順位は世界76位

2022.11.17 (木)

ベトナム ベトナム最新情報 対外投資、Vingroupが大型案件

ベトナム最新情報 対外投資、Vingroupが大型案件

2022.11.07 (月)

人気記事

アイザワ証券公式SNSアカウント